topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキ修理(仮?) - 2011.09.28 Wed

ゴムボート時代から長年愛用しているエレキ、ミンコタのエンデューラ30。
先日の釣行で分かった破損部分です。

修理前

チルトロックアーム先端の、ボルトの頭のように出っ張っている部分を、このレバーで引き起こすのですが、
割れているため穴が広がり頭が下に潜ってしまい、ロック解除が出来ない状況でした。

「動かない」とかの故障ならあきらめもつきますが、この程度ではもったいなくて、とても無理。

釣りをしている間に、修理方法を色々考えました。
アームについているバネは、けっこう強力なので、単純な接着なら、またすぐに剥離するだろうし・・・。
てことは、何か補強が必要。

プラ板か何かを沿わせて貼り付ける?

かといってもあまり隙間はないので、プラ板とかは厚みがあって無理っぽい。
で結局、適当なアングルなりステーを使って、外側からコの字に補強する事にしました。

釣行帰りにホームセンターへ寄って、一番薄そうなステーを購入しましたが、
それでも厚すぎて、うまく納まりません。

実家の納屋を物色していると、手ごろな厚みの古いトタン板を発見。
小さく切ってグラインダーでサビと塗料を落として・・・。
寸法をとってコの字に曲げて・・・。

コの字に

さっそく仮に当ててみます。
よしよし、いい感じ。

ヤスリでバリを取って、黒スプレーで塗って・・・。

色塗って

乾燥を待って、内側に垂れた塗料をサンディングして準備完了!

割れた部分は、先に瞬間接着剤で接着。
次に作った金具の内側にエポキシ接着剤を塗ってレバーに接着。

修理後01
修理後02

エポキシの硬化を待って使用テスト。
問題な~し!!
これで今週の釣行も大丈夫です。

ネットで調べると、このパーツの購入ができる事が分かりました。
「エレキの修理屋さん」のオンラインパーツショップです。

チルトレバー

部品名「ハンドコン チルトレバー」
『経年変化で弱って破損が多い部品です』との説明が。
なるほど、確かに。

このパーツを固定しているシャフトの抜き方が分からなかったので、
メールで問い合わせると即日返信があり、丁寧に交換方法を説明してくれました。

部品代はわずか525円。
でもこのパーツはメール便の対象外のため、送料が何と1470円!
ん~どうしようと悩みましたが、上記の対応の良さもあったので注文しました。

しばらくはこの仮修理でいけそうなので、予備にしておく事にします。

ところでこのパーツ、まさかアメリカ屋には売ってないよな?
ペラやシャーピンは扱ってたので、もしかしたら・・・。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chinook1726.blog122.fc2.com/tb.php/53-a0357ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10/1 «  | BLOG TOP |  » 9/24~25

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。