topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内側サンディング&FRP施工 - 2011.07.18 Mon

ランダムオービットサンダを早く使いたいのですが、
今回は3連休で時間があるので、サンディング前に本格的にシアーラインを決める事にします。

シアーラインカット

ガンネル材を定規にし、慎重に位置決めしてクランプで固定。
黒ペンでけがき、ラインにかからないよう注意し、思い切ってステムから鋸でカット。
切り口を軽くサンディングし、アセトンでけがいたラインを消して完了。
わずかこれだけで400gありました。ちょっと減量。

シアーラインカット後

さてっと、内側サンディングです。
ランダムオービットサンダに60番ペーパーをセットし、スイッチON!
お~、削れる削れる!
こりゃ~早い。もっと前に買っておけば良かった。

ランダムサンダ

・・・・ん?
・・・・ありゃっ!!
狙った所が削れず、違う所が削れて凹んでる!
Rのきついビルジキール付近はこれを使っても無理っぽいです。
ビルジキール付近は、これらを使って手動で・・・。

手研磨道具

涼しかったので、大汗をかかずにすみましたが、腰と腕が痛い・・・。
ボツになったドリルアタッチメントがステム際の研磨に大変役立ちました。

ステム周り研磨

あちこち凹ませたため、さらにハルが薄くなっているはずなので、凹みの修正は諦め、
そこそこで妥協し完了!

内側サンディング完了

翌朝、内側FRP施工の準備を進めます。
アセトンで拭いて木粉を取り除き、プライマー処理。
外側の時は大量に余してしまったので樹脂200mlにしましたが、足りなかった・・・。
100ml追加で完了しました。

外側FRPの際バウの船底はクロスを1枚追加し補強しましたが、ステムを忘れていたのでパッチを兼ねて補強します。
パッチを当てる部分は周りより凹んでいて、その分樹脂も余分に塗る必要があるので、
場所がすぐわかるよう、ガムテで目印をしておきます。
船底部のステムからパッチの部分まで、余りクロスをバイアスに細長く切って切り込みを入れて当てて。

パッチステム補強

樹脂塗布1回でこんな感じです。

ステムFRP1回目

2回目以降は、内側FRP施工と合わせてやります。忘れないようにしないと。
プライマーとステムの硬化待ちの時間は、ヨークとパドルの仕上げサンディング。
3時間ほどでプライマーのベタツキが少なくなり、クロスを敷きます。

諸先輩は内ステム周りの処理に苦労されてるようですが、工房のマニュアルはステム上にクロスは不要。
ステム周りの気泡やクロスのなじみを気にしなくて良いので、この分気楽です。
バウ・スタンは横方向に1枚ずつ。中央はタテ方向に2枚。
外側のクロスをマニュアル通りのカットにしなかっため、クロスが不足しないか心配でしたが、ほぼちょうど。

クロス敷き

ステム上のクロスは切り取って、切り口をステムの隙間に押し込み、
バウ・スタン先端のクロスの足りない部分は、余りクロスを小さく切ってステムに沿ってカット。
ステム周りの処理に手こずり、クロス当てに1時間以上もかかってしまいました。

クロス敷きステム先端

一息入れて樹脂塗り1回目。
小さく切ったクロスがずれやすいためステム周りの塗布に手間どり、途中で樹脂がゲル化。初めて見た。
ゼリー状になった樹脂は使えないので捨て、新たに作り直します。
今回はクロスの重なる部分が何箇所もあるので、しっかりゴムベラでしごいて脱泡しました。
1回目の樹脂使用量は捨てた分を除いて1200ml。

樹脂塗布1回目

外側の時に比べ樹脂の硬化が遅い。
シアーライン近くは硬化が進んでいますが船底部はベタベタです。
とりあえずはみ出たクロスをカッターでカットし、硬化を待ちますが進まない。
待ちきれず、夕方に2回目塗布。
硬化していないためか、クロスの目が全然消えません。
やな予感がし、2回目樹脂使用量は控えめに550ml。

樹脂塗布2回目

夜作業でホットコートをするつもりでしたが、4時間たっても船底部はベタベタです。
気温は22度のままですが、ここ数日雨模様なので湿度のせい?
あるいは頭を突っ込むと匂いがひどいので、揮発した何かが船底付近に漂っていて硬化を阻害?
ホットコートはあきらめて、このまま一晩放置し様子を見ます。

翌朝、昨晩よりはマシですが依然船底部は硬化していなく、指で触るとクロスがまだ動きます。
サッカーを見て朝食後、雨があがり雲も薄くなってきたので外に出してみます。
気温があがり薄日が差し始めたせいか、みるみる硬化が進み、小一時間でほぼ硬化。
いや~良かった。一時はどうなるかと思った。

外出

再び納屋に移動させホットコートです。
クロスの目が目立つので、思い切って厚塗りしましたが仕上がりはいまいちです。

ホットコート

4回で仕上げた方が良かったかなとも思いますが、何とかなるでしょう。
3回目の樹脂使用量は750ml。
プライマーを含め、内側合計で2800ml。
こないだの体重が艤装部材込みで15.8kgで、シアーラインカットで△400g。
内側樹脂を2.6kg、クロスを400gとして差し引き18.4kg。
体重18kg以内は無理っぽい?
最終の体重は完成後のお楽しみという事にしておきます。

硬化を待って、まず補強したステム周りをサンディング。
ここはランダムサンダの本領発揮で、さくさく削れます。
FRP研磨は削れた所が白くなるので分かりやすいのですが、削りすぎないよう慎重に進め、
細かい部分は手動研磨で。
手動研磨の際、使用済みのランダムサンダ用ペーパーを使ったのですが、これがまた具合良い。
厚みがあり腰がしっかりしているので、二つ折りしても小さい適度なRが残り、ここで細かい部分がやりやすい。
しかも目がなかなか潰れず、手動でもガンガン削れます。
安物ペーパーとは大違いです。さすが1枚88円(笑)!

ステム再研磨

続いてランダムサンダで内側FRP研磨。
船底は問題ありませんが、Rのきつい部分はやはりペーパーが当たりません。
内側研磨の時、もう少し気付くのが遅れ、しつこくやっていたらと思うと・・・・・・ぞっとします。

内側FRP荒研磨

軽くざっと荒削りし、今日は終了。
ここまでくれば、秋シーズンの進水式は間に合うでしょう(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして。
いつも楽しくブログ拝見させていただいています(^^♪

カヌーだいぶ出来上がってきましたね。
すごいです!

今は中古のウッドカヌーを乗っているのですが、
いつか自分で製作してみたいです(>_<)
自分で作ったカヌーなんて最高でしょうね。

paradisea2011さん はじめまして。

訪問して頂き、ありがとうございます。
大トラブルやミスを乗り越え、何とかカヌー本体の完成は見えてきました。
この後のデッキ・ガンネルなど艤装取り付けが大変楽しみです。

私も中古カヌーを入手し、気に入らない所を直して乗っていたのですが
重さに耐えられず、新艇作製を決意したしだいです。

カヌー作りは作業スペースさえ確保できれば、どなたでも出来ると思います。
楽しいですよ~(笑)

おはようございます。
完成が見えてきたようですね。
それにしても本当に凄い!、毎回感心しきりで
見ています。
1度作っているところを見てみたい。

ゴルゴさん、いつも見に来ていただき、ありがとうございます。
早く完成させたいと思いつつも、このごろは「あ~そろそろ終わってしまう」とも感じます。

今後のガンネルやデッキといった艤装部分は一番目に付く所ですので、
じっくり楽しんで丁寧に作るつもりです。

作製場所は雨竜市街から車で10分くらいの距離ですので、
OS川釣行の機会がありましたら、ぜひ立ち寄り下さい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chinook1726.blog122.fc2.com/tb.php/36-d90924c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

内側FRP研磨 «  | BLOG TOP |  » 新兵器購入

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。