topimage

2017-06

『王様』村田基さんが朱鞠内に! - 2013.06.10 Mon

好天続きで水温も上がり厳しい釣果が予想されましたが、
『産卵を終えたデカいイトウの荒喰いで水面がガバっと割れ、ロッドがバットからブチ曲がり・・・』
などと妄想も膨らみます(笑)

6月8日(土)
快晴
気温 13℃
水温 16.5℃

水位は超満水。
予想通り水温は上がっていました。
前浜沖の表層がこれなので、浅場の岸際などは20℃近くになってるかも。

風も無く天候は快晴。
この様子だと、勝負になるのは日の出から2~3時間までかな?

0608朱鞠内01

南側を、要所でキャストしながら探っていきますが、ゴミが相変わらず多く
フックに引っかかるのでトロがやりにくくて・・・。

ちょこちょこと頻繁にゴミを取り除きながら進んでいくと、前方にピチャピチャと小魚が跳ねており
やがてゴツンと大きなアタリ!

来たっ!

カヌーを止めてリールを巻き始めると、もう1本のロッドもアタっていますが
こっちが本命っぽいので、とりあえず放置。

50くらいのイトウが上がってきましたが、また水面で暴れられ、ネットイン前にバレました・・・・。
あ~、もったいない。
でも大したサイズじゃないし、トロでのヒットだからまあいいかと、
もう1本のロッドを手にすると、まだ掛かっているもよう。

放置している間に口に掛かったテールフックが外れ、ボディフックが腹に引っかかったのでしょう。
スレ状態でサクラが上がってきました。

0608朱鞠内03

地雷場を抜け、浮島周辺をあちこち彷徨いますが、日が高くなってからは反応が無い。
やっと釣れたのは小アメ。

0608朱鞠内04

北大裏から浮島に戻ると、アルミ艇が2艇止まっており何やら相談しているもよう。

一艇の先っちょに乗っているのは、カメラマン?
一方、釣り人が被っている帽子の形は!
ひょっとしたら、もしかして・・・。

でも、あの方は島牧や道東方面には来ていても、今まで朱鞠内には一度も来てくれてません。

もう一艇の方は距離をおいて見守っているので、担当ディレクターさんかな?

お話を聞くことが出来ないかな?とディレクターさんの方へ近づくと、
「どうですか?」声をかけて頂きました。

しめしめ(笑)

釣り人は、やはり村田基さんで、魚種格闘技戦のロケでした。

諸般の事情で今まで来る事ができなかったという事でしたが、
今回ようやくロケが実現できたそうです。

今日は4時から西側から回ってきたそうですが、ここまで厳しい闘いを強いられているもよう。

実は、もし村田さんが来ることがあったら有給取ってサポートのお手伝いを・・・などと
妄想した事もあったのですが、本当に来てくれるとは!
しかも、まさかの土日。

ディレクターさんから、N代表からもらったという地図を見せて頂きましたが、あまりに大雑把。

「どこか良いポイントはありませんか?」という事で
超満水の現状では気がつかないポイントを、何箇所かご案内する事に!!!(←めちゃくちゃ嬉しい!!!)

0608朱鞠内05

私にとって村田さんは「王様」どころか神様のような存在なんです。

ルアーを始めた頃、スカパーでキャストの講釈を見てからは、心の師匠(笑)
その神キャストを生で見られる幸せ!!!(←しつこいけど、めちゃくちゃ嬉しい!!!)

「このポイントは、ここからあそこまで、沖合いこのくらいまでずーっと根が沈んでいて・・・。」
「ボサ際をタイトに攻めすぎると、沈み柳の枝や枯れた葦が引っかかってウザイので・・・。」
などと村田さんを相手にポイントや攻め方を説明している自分が不思議。

でも、この好天ですからね~。
追いは何度かあったそうですが、何も出てくれません。

再び浮島まで戻った頃でちょうどお昼。
ここで村田さんは一旦レイクハウスに戻って休憩されるそう。

「お役に立てず、すいません」とお詫びする私に対して
『いえいえ、ありがとうございました。』と言って下さいました。

会えてお話出来た嬉しさと、役に立てなかった悔しさが複雑に入り混じり、何とも言えない気分。
でも気を取り直して自分の釣りを続けましたよ。

暑さで上半身は、Tシャツ1枚の上にライフジャケットのみ。
とうにウェーダーは脱いで、スウェットにサンダル履き(笑)

0608朱鞠内06

藤原島ではエゾハルゼミが鳴いており、セミの恩返しでもないかなと
湖面に落ちているのを一匹救ったんですが・・・。
ちなみにここ朱鞠内で、落ちたセミへのバイトは見たことがありません。

0608朱鞠内11

いくらか日陰になるポイントへ行くと、ピピっと水面を逃げる小魚が見え
近づいてみると、銀毛ヤマメが群れてます。

チャンス!

2投目でサクラがヒット!
やっぱりいた!

こいつが今日最後の魚になるかも知れないので、雑に扱わずにネットでランディング(笑)

0608朱鞠内07

続いてまたサクラ。
いいぞっ!(笑)

0608朱鞠内08

そして朱鞠内ではまずまずの型? アメの54cm。

0608朱鞠内09

コイツを上げる時、70くらいのイトウがまとわりついているのが見え、
「もしかして喰う気か?」とドキドキしましたが、さすがにそうはなりませんでした。

で、このイトウを狙って粘りましたよ。

ポイントを一旦休ませて、他を叩いて再び戻ったりもして・・・。
結局ダメだったんですけどね。

浮島で午後から出勤のYさん・Iさんコンビと出会い、いっしょに『15時から出ます』とおっしゃっていた
村田さんを待ちましたが、どうやら違うポイントに入っているもよう。

朝から休憩無しだったので、夕まずめまで粘る気力が無く、
18時頃から戻りながらサクラ追加。

0608朱鞠内13

最終でサクラ4、アメ2で終了。
やはり50くらいとはいえ、イトウバラシは痛かった。

レークハウスに宿泊している村田さんにお会いしたくて、Yさん・Iさんと車中泊セットを申し込み
お風呂で汗を流し、夕食を取ったのですが、結局会えずじまい。

カメラの特性上、撮影可能なのは19時頃までと言っていたので、
上がる時間にタイミングを合わせたつもりだったのですが、
撮影関係なしで暗くなるまで粘ったのでしょうか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

翌日も2時半起床。
ゆっくり準備していると、Yさん・Iさんはいち早く出航!
気合が入ってますね~。

日曜日に出陣しますと言っていたなかじさんが見当たらないのが気になりますが、
私も気合を入れて3時過ぎには出航し、昨日の夕方反応が良かったポイントを目指します。

地雷場には先行者がいたのでスルーして、昨日のポイントへ。

湖面が静か過ぎ!

何の反応もありません。
あれほどいた銀毛もぜんぜん見えないし。

すでに日が昇っているので、チャンスはあと2時間くらい。
で、混雑は覚悟の上で浮島周辺へ。

陸っぱりやボートを迂回し進んで行くと、幸い馬の背周辺は空いていたので、
このあたりをねちっこく探る事に。
微風に流されるままに順々にキャストして、流され終わると次の位置へ移動してのローラー作戦です。

何度目かの移動で、アメがヒット。

0608朱鞠内14

無事にボウズ回避に成功(笑)
反応があったので、まだここで粘りますよ~!

やがて、うねうねとアメっぽいヒット。
上がってきたのは46のイトウでした。

0608朱鞠内15

昨日のアメよりちっちゃいけど、とりあえずイトウだからまあいいか(笑)

この後もこのあたりを探りましたが、もうダメっぽい感じ。
この天気で、風も無くなっちゃいましたから。

0608朱鞠内18

あとは、適当に叩きながら戻り、8時で終了しました。

---------------------------------------------------------------------------------------

せっかく村田さんにお会いできたのに、サインを頂きそこなったのが大変残念でなりません。
マジックを持っていれば、カヌーのデッキにサインして頂いたのに(悲)

今後はマジック1本をタックルボックスに常備しておく事にします!
って、もうこんな機会は無いだろうなぁ。



ランキング参加中です!
応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

神に遭遇しましたか~!!
以前シマノTVで村田さんがチョウザメ釣っている動画を拝見し、
ルアー以外の釣りでもスゴイ人なんだなと
我々鯉釣り・・・もとい淡水大魚釣り愛好家の中でも
メインターゲットは違えど憧れの方です(^-^)

すごいですね
ルアーやったことない私でも「釣りロマン」の村田基さんは知ってます。
ナマ村田さん、今季1番の大物ですよ。


naoさんこんばんは

「神様」に釣り場で会え、さらにレクチャーしたなんて宝くじ級のラッキーでしたね。
私も以前、コンベンションセンターでお会いしましたが、釣り焼けで黒い顔、オーラが漂っていました。

村田基さんに会えた!ナビまで!羨ましいですね〜〜
会えるだけでも・・・・・・・
良いなぁ〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

バラしの50イトウさんも、痛いですね!
来週末は期待してますよ(^O^)

鯉ワカさん、こんにちは。
事前情報が無かったので、驚きました。
朱鞠内に来てくれるだけでも嬉しいのに、
お話もできて感激しました。
今度は遊びで来てくれるといいんですけどね~。

miyaさん、こんにちは。
ルアーに限らず、釣りをする人なら
知っている方も多いでしょうね。
また来てくれないかなぁ。

shimoさん、こんにちは。
ほんとにラッキーでした。
日曜日の釣果がわからないので、どんな事になっていたのか・・・。
今はスカパー環境が無いので、どうしようか悩んでます(笑)

ぼんちゃん、こんにちは。
やっぱりルアーをやる人には憧れですよね!
常連仲間のYさんも逢いたがっていましたが、
タイミングが合わずダメでした。

今週末はさらに厳しくなっているでしょうが、
天気が悪そうなので、もしかしたら・・・。

naoさん
凄いですね、私もお会いしたことが2度ほどありますがガイドするなんて・・・流石です
しかしnaoさん釣ってますね~ロケーション最高!
釣果も最高!!
写真やサインを貰わずに残念ですね(涙

お疲れ様でした。
そういう情報は大体入ってくるのですが
王様が来てるとは知りませんでした。今回は管釣りのロケでは
なかったのですね!

あぁ、もう前半戦も終了だなぁ・・・・・(汗)

フィ~~~~ッシュ!! って声が湖畔に響くことはなかったのかな(笑)

その昔、フィッシングショーで生で神様の神業を見せていただいたことがあります。
やり方はわかっても決して真似できない技の数々に圧倒されたなぁ。

まめキングさん、こんにちは。
ガイドってほどのものではなく、どっちかというとお節介?
村田さんも「何だコイツ?」と思ったかも(笑)

釣果はともかく、天気が良くて風の無いときは
カヌー遊びには最高のロケーションです。

なかじさん、こんにちは。
今回は然別の解禁も楽しまれたそうです。

>あぁ、もう前半戦も終了だなぁ・・・・・(汗)

今週末はどうしますか?
そろそろ、イトウ一発狙いの時期ですが(笑)

ちょげさん、こんにちは。

> フィ~~~~ッシュ!! って声が湖畔に響くことはなかったのかな(笑)
生で聞きたかったです~~。

ここ朱鞠内は、神でさえも苦戦するフィールドなのだと分かりましたので、
今後はいつでも安心してボウズを喰らえます(笑)

秋入り

荒磯で電気ウキ5号 大うなぎワームでナイルパーチ7月釣る
横浜港磯子港かしらん猪苗代湖より広がるすり替わる20~60倍湾岸で
スピナベイト スピナベイト+セミで水嵩増える水深10m~60m
落とし込み ディープホール ポンピングで大型シーバス釣った


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chinook1726.blog122.fc2.com/tb.php/228-064fc399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朱鞠内湖トラウトデビュー戦 «  | BLOG TOP |  » 車ピカピカ

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR