topimage

2017-06

懲りずにまたさっぽろ湖 - 2012.11.19 Mon

土曜日の朱鞠内の天気予報は、小雨で弱い風。

この時期の雨は寒さで辛いから、人も少ないだろうし、あちこち回るチャンス!
と、行く気満々で準備をしていたのですが・・・。

用事が入ってしまい、仮に終わってから行ったとしても、現地着はお昼頃がやっと・・・・。
あと一回残ってるので、今回は諦めました。

でも一旦火のついた、この釣欲はどうしよう?
またあそこに行っても、ヤラれるのは目に見えてるし・・・・。

----------------------------------------------------------------------------

学習能力が無いというか、懲りないというか。

とにかくロッドを振りたくて、結局またさっぽろ湖へ。
今回は急深ポイントが空いていたので、入ってみました。

1117さっぽろ湖02

あらら。
ラインが釣り場に散乱し、タバコの吸殻も・・・。
持ち帰るため、ここにまとめておきました。

コラッ!ピンクのPE野朗!
釣れないからって、ゴミ捨てるな!!


ったく、気分悪い。

気を取り直して、まずはスプーンで表層を広く探ります。

・・・・・。

何も無し。

まあ、ある意味予定通り。
まだまだ、これから。

次はディープダイバーで広く探ります。

・・・・・。

やはり何も無し。

じゃあ、ジグスプーンを充分沈めて底近くを・・・・。

遠投し、フリーフォールのカウントダウン80でやっと着底。
今なら水深40~50mはたっぷりあるだろうから、カーブフォールじゃ探れません。

ただ巻き、ジャーク、フォール。
底近くを回遊するサクラをイメージして、いろいろ攻めてみます。

沈めるのに時間がかかるので、効率悪いし、じっとしてるから寒いし・・・。

1117さっぽろ湖01

きちんと棚を探るためには、10で一通り探り、20にしてまた一通り、つぎは30で・・・
などとやるのが良いのでしょうが、さすがにそこまでの根気は私にはありません。

ここまで2時間やって、全く何も無し。
濡れたグローブで手がかじかみ、限界なので一旦車に避難。

今日は私以外に、ここに一組3人の釣り人が入っていたのですが、もう帰ったようです。

グローブを取り替えて次へ移動。
斜路あたりで人影が見えていたので、どれどれと行ってみます。

1117さっぽろ湖03

釣り人ではなく、工事をしていました。

戻るのも何なので、インレットへ。

1117さっぽろ湖04

ここ3回の釣行で、一度だけ反応があった場所ですが、一時間振って何も無し。

もう帰ろうかと車に戻ると、第三の駐車場に車が1台。
状況を聞いてみようと戻りましたが、車に人影は無いしポイントにも入っていない。

どうせダメなのはわかってますが、『それなら本当にダメな事を検証してやろう』などと
ヤケクソでいつものポイントへ。

きっちり遠投し、底を取ってから丁寧に探っていきます。

一通り探ってから、第四方向へ少しずつランガン。
本当にルアーの届く範囲に魚がいないのか、丁寧に探りました。

うん、予定通り。
何も無し。

時間はもう11時。
濡れた袖口が冷たく、ある意味満足したので終了。

----------------------------------------------------------------------------

検証結果!

現状では、浅場や表層には全くと言っていいほど出ていません。
よほどのタイミングで、ヤル気のある魚に巡り合わない限り厳しいです。

もちろん、見える範囲でベイトもいません。

今回、雨のせいもあると思いますが、みなさんわかっている様で、
釣り人はほとんど来ていませんでした。

誰もしないでしょうが、深場でブッコミが、釣るには最後の手段かも?

12月もこの調子じゃ辛いので、何とか良い状況になって欲しいものです。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

マナーを知らない釣り人には困ったものです。このような人が増えると釣り場が立ち入り禁止になることもありますよね。
 残念ながら釣りのライセンス制度がないために当人の釣りを制限したりすることも出来ません。
 軽犯罪?という言葉で片付けられないほど、良心的な釣り人にダメージを
与えます。
 このような人たちが湖に増えないようにして、氷の上の楽しみを長く続けるために、情報公開の方法や範囲などご検討いただけると幸いです。
 

nonnbeさん、こんばんは。

普段から吸殻などは良くある事ですが、今回入ったポイントとラインから
ある程度通ってるヤツの仕業と判断し、私の記事を見る機会があるかもと思い、あえて記事にしました。

漁協が管理している朱鞠内にさえ、沖の島や岬にゴミが落ちてる事がありますから
こういう輩は、フィールドを大切にするという感覚が理解できないのでしょう。

釣行記を書く上での自分の考えは、メジャーなところは実名、それ以外は仮名としています。

ここは昔、釣り人社の『北海道の湖21』に支笏湖、阿寒湖、朱鞠内湖と並んで紹介されていた
メジャーなフィールドですので、ルアーでは実名を出しております。

ただ季節との兼ね合いがあるのは確かですので、ここについては再考してみることにします。

naoさん

魚影が濃い状態のさっぽろ湖に招待してほしいのですが無理ですか?

今年の秋、紅葉前の景色の写真を撮って来ましたが
一般的な角度の写真しか公開してません・・・しかし
naoさんの写真も私にはよくわかりますが
あくまでもルアーの釣行記ですから、この記事に氷は関係無いですね

私も冬の楽しみを大切にしたいですから
2013年シーズンは、気を付けて頑張ります(笑)

mitsuさん、こんばんは。

来月中旬になって減水すれば、おそらく良くなってくると思うので、
釣れるようになってからご招待します。
あっ、装備はもちろん露天仕様で(笑)

ここの記事はけっこう気を使って書いてますが、
ルアーでも『近郊ダム湖』とかにした方が、無難なようですね。

でも『朱鞠内湖』の表記は死守します(笑)

私が伝えたかったことを酌んでいただいてありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chinook1726.blog122.fc2.com/tb.php/168-18d28321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

父より息子へ «  | BLOG TOP |  » さっぽろ湖の仇を朱鞠内で討つ!

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR