topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歳川のブラウン - 2012.04.13 Fri

前回に引き続き、昔話にお付き合い下さい。

2003年の3月下旬から、千歳川下流域の釣行を始めました。
ポイントも何もほとんど情報がないので、自分で実際に入ってみての手探り状態です。

M橋~N橋の間を、
入れそうな所を探し車を停める→入釣してみる→ルアーをロストしつつもポイントの状態は探る
→釣れないので次を探して移動
こんな感じで、4月いっぱいまで毎週通っても、アタリさえ無しで2003年は終えました。

でもM橋の支流合流地点付近で深場を発見し、これが翌年に繋がります。

翌2004年3月下旬、リベンジ開始!
毎週、夜明け前にM橋へ着くように家を出て、朝マズメ勝負をしました。
でもやはりアタリさえ無く、7時頃には諦めてポイント移動し、
そして何も無く、昼前には寂しく帰るというパターンです。

4月に入ってのある日、いつものポイントでドラマがありました。

対岸にダウンクロスでスプーンをキャストし、糸ふけだけ取ってスウィングさせ
流芯を過ぎて手前の岸まで流し終え、回収しようとリーリングした瞬間、
経験した事のないアタリと強烈な走りが!

『なんだコイツ?』

獲りたい一心で、心臓バクバクしながらのファイトです。
幸いラインを巻かれるような障害物は無く、ドラグ調整していなすこと数分。
ようやく獲る事が出来ました。

上がってきたのは川で釣っちゃいけない魚、50オーバーのサ○ラでした。
写真を撮りたかったのですが、『どうせ釣れないべ』とデジカメを持ってきてませんでした(悲)

無事にリリースを済ませて余韻を味わいます。

朱鞠内のサイズには慣れているものの、当然、全く別物の引きでした。
はるばる海から石狩川→千歳川と遡ってきたと思うと、感慨深いものを感じました。

当然、翌週も同じように攻めます。
ダウンクロスでキャストし、底を意識つつスウィングさせ・・・・。
流芯を過ぎて間もなく・・・・。

『ガン!』
『食ったー!!!!!』

コイツも良い引きです。
『でも先週のアイツの引きとは何か違うような?』

先週よりは、落ち着いて獲る事ができました。
もちろんデジカメも持ってきてます。

千歳ブラウン

今回は50オーバーのブラウンでした。

上流域でちびブラは釣った事がありますが、こんなサイズは初めて。
2週続けての好釣果に大満足しました。

でもさすがに続かず、これ以降はいつも通りの『ボ』で4月終了。

そして何と、翌年との間でいつの間にか、支流の工事をしやがっていました(怒)
そのため流れが変わり、深場は砂で埋まり、好ポイント台無し(悲)

当然、翌シーズンはここは全然ダメ!

やむなくO川との合流地点に通いましたが、シーズン中アタリ一回のみで4月終了。
実績ポイントが潰れて、全然釣れる気がせず、以降千歳川にはほとんど行かなくなりました。

最後に行ったのは4~5年前かな?
当然この時も、何も無く終了してます(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

Nao先生


ずうずうしくのりこんでしまいました。

先生、ちょっと伺いたいのですが・・・・
無段変速の45ポンドのミンコタを予定しています。
バッテリーが、ポイジャーの105A

でも、モーターのシャフトの長さが、35インチでは長いですか?
30インチのカットモデルもあるらしいのですが・・・

小型船舶受講も行っちゃう予定です。

ご指導よろしくお願いいたします。

キャサリンさん、先生ってやめて(笑)

エレキやバッテリー、良い選択だと思います。
無段変則はバッテリーの保ちがいいし、微調整が効くので、
キャストで狙うときもステイし易いので、将来も安心です。
私も無段変則が欲しいけど、高くて買えません(悲)
バッテリーは私も同じものを使ってます。
長持ちさせるコツは深く放電させない(ギリギリに弱るまで使わない)事と
帰ったらすぐに満充電する事です。

向かい風の場合は予想以上にバッテリーを消耗するので
常に一個予備を積んでおき、2個で釣行する事をお勧めします。
天候が急変した場合、横波を受けないよう操船しますから
遠回りになるので、余計にバッテリーは消耗します。
こういう時でも2個あれば安心です。

またカヌーの前後のバランスをとるために、エレキの電源コードは
延長しておく事をお勧めします。
一人の時は前にバッテリー、二人の時は中央に。
後ろ加重だと、横風を受けると簡単に前が振られるので操船が安定せず、
場合によっては危険です。

エレキは『TRAXXIS45-36』かな?
シャフトは長くてもモーターの上げ下げには全く影響しません。
ハンドルが真直ぐのままだと、腕の位置が高くて操船しずらいかも知れませんが、
上下に可変できるので下げればらくちんなので、何も心配ありません。

釣行の人数や荷物、あるいは波などでカヌーの喫水は変わるので、
スクリューの深さ調整に余裕がある36インチで良いと思います。

ちなみに、私のおんぼろエンデューラは30インチシャフトで、
スクリューの深さをちょうどいいように合わせて、ピッタリのサイズです。

あと私の経験上の失敗談からアドバイスですが、
エレキのスクリューにラインを巻き込んでしまう事があります。
こういう場合に備えて、予備のシャーピン(スクリューが空回りしない為のピン)、
プライヤー、ラジオペンチ、ドライバーセットをタックルケースに入れておく事をお勧めします。

プライヤーがあれば、スクリューを固定しているナイロンナットを外し、スクリューを外せるので
沖に出ていても簡単に絡んだラインを取り除けます。
またこの時、シャーピンが邪魔になる事があるので、その際はラジオペンチで引き抜きます。

この時シャーピンが劣化したり曲がっていたりすると、折れる事があるので、予備があれば安心です。
多分エレキを頼んだ釣具屋さんに、シャーピンとナットがセットになったものが
売っていると思います。

私の場合は釣具のプライヤーしかなく、ナットがなかなか回せず苦労し、
やっと外せたと思ったらシャーピンが折れてしまい、むりやり半分だけはめ込んで固定したりと
いろいろ失敗を経験してます(笑)

カヌー&エレキの釣り仲間が新たに誕生したのが嬉しく、
聞かれもしない事を長々書いてしまいました。
でも、失敗しないと気付かない事も多々あります。
私にわかる事であればお答えできますので、これからも遠慮なくどうぞ。

明日も行ってきますnaoさんの記事を参考にやってみます。

今日、さっぽろ湖見てきましたもう少し解ければ釣りが出来るかもしれません。

むごちょさん、頑張って下さい。
さっぽろ湖の情報、ありがとうございます。
来週は出陣しようと思います。

naoさん。(そう呼ばせていただきます。)

知らない事だらけだったので、とっても参考になりました。
メンテナンスキットなんて、誰も教えてくれませんでしたぁ。
なんとお礼を言ってよいやら。
本当にありがとうございます。

また困ったら、ちゃっかり来ちゃいます。

明日くらいにキャリアが届いて、来週カヌーが届く予定です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chinook1726.blog122.fc2.com/tb.php/129-b724ec50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フック巻き «  | BLOG TOP |  » かなやまイトウ

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (63)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。