topimage

2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内ガンネル取付 - 2011.07.31 Sun

完成が見えてきてから、さらに週末が楽しみで、いつも頭の中はカヌーの事でいっぱい!
さっそくクランプを取外し状態確認。当たり前ですが、カチカチに硬化してます。

小割取付後

余ったエポキシでコーティングするため、事前にデッキ裏側と木口をサンディングし整えてから
残る片側も小割材を取付けます。

小割取付02

一息入れたい所ですが、余ったエポキシが硬化する前にデッキとヨークをコーティング。

デッキ裏コーティング
ヨークコーティング

ほっと一息入れ、内ガンネルの取付準備。

先端はステムに密着するように、なおかつ左右のガンネルがきっちり収まるよう斜めにし、
デッキ先端がきっちり入るよう、完全に左右対称にする必要があります。
さらにスカーフジョイントで繋ぎ、長かったり短かったりしないようにという加工なので、
時間と手間がかかります。

「削り足りない」「まだ足りない」「あ~削りすぎた!」
写真を撮るのも忘れ、夢中で加工し何とか4本完了。
取付後ですが、こんな感じです。
仮止めでは良い感じだったのに、一方には隙間が・・・。

デッキ取付部分

スカーフジョイントは事前に治具を作り、仮止めで2本重ねて印をつけ、念のため2mm長くなるよう印から
ずらして重ねたまま2本まとめて、鋸でカットしました。
事前にスチレンボードでテストしてるので、これでうまくいくはず・・・・。

スカーフ失敗

「あれっ、短い!!! 何で???」

鋸の切り代に気が付きませんでした・・・。

1mmちょいの切り代ですが、10mm厚のガンネルを10cm斜めに切っているので、これだけズレます。

スカーフ失敗01

やっちまった・・・。
しばし呆然。
材料はないので、何とか修復しないと。

このままではジョイント部が他より薄くなるので、端材を薄く削って埋め込む事にします。

スカーフ修正

補修成功!
ダブルジョイントです。
「ここは、こういう模様なんだ」という事で。

(内側から)
スカーフ修正後横面
(上から)
スカーフ修正後上面

もう一方は、切り代を充分とって2本別々に切断してから、研磨しジョイント。
最初からこうやっておけば・・・。

ようやく準備ができた頃はすっかり日が暮れてしまいましたが、エポキシの硬化時間を考え、
夜作業で内ガンネル取付。

内ガンネル取付完了

これで翌日デッキ取付が出来ます。
やっぱりC型クランプを買い足して良かった!
うまくいけば、外ガンネル取付もできるかも。

バウとスタンはカヌーキャリアのベルトで締め、中央はつっかい棒で広げて仕上げ寸法にし硬化待ち。

幅調整

翌朝、デッキ取付前に、裏側と木口にコーティングしたエポキシを研磨。
クランプを外して仮止めしますが・・・。

デッキ隙間

デッキの側面は直線、内ガンネルはゆるやかな曲面なので隙間ができます。
マニュアルではエポキシと木ねじで固定という事ですが、木ねじでは隙間分を絞る事は無理っぽい。
なんせ手で絞ってもびくともしない。

さらに厚み方向に段差が出来ます。
これもデッキは直線、ガンネルはカーブしているから当然です。

デッキ段

昨日のスカーフの件といい、このデッキ取付といい、カヌー工房で作っているなら、
すぐに工房長に聞く事ができるのに・・・。

こういう時、自宅作製派は不利です。
このような細かいノウハウがマニュアルに書いてあれば、文句無しに最高なのに。

デッキの段差は取付後に、ガンネルのカーブに合わせて研磨するとして、隙間をどうする?
埋め木?いやかっこ悪いし、木ねじの処理にも困る。強度的にも問題あるし。

そういえば、工具袋に旧艇のデッキを作ったときに買ったハタガネがあるのを思い出し、
これで締める事にします。

締めてずれないよう楔をネジ止めし、ハタガネをかけて締めますが足が短い。
腕が細いのでだんだん曲がってきて今にも外れそう。
それでもまだ隙間は残ってます。

で、もっとごついL型クランプを買ってきました。
お~締まる締まる。
隙間が完全に無くなりました。

ついでに30分硬化のエポキシも買ってきたので、デッキはこのエポキシで固定。
デッキは中央が膨らんだ山型の形状なので、まっすぐ木ネジを締めると裏から飛び出すおそれが。
そのためデッキの角度に平行になるようにドリルで下穴を開けておきます。
これで準備完了。
エポキシをつけて仮固定し、L型クランプで隙間が無くなるまで締めて完全に固定してから
木ネジを締めます。
大成功。

デッキ取付成功

30分硬化のエポキシなので、1時間程度でほぼ硬化します。
念のためハタガネは残したまま、もう一方のデッキも同じ要領で取付ました。

ここでもうお昼。外ガンネルの取付は次回にします。

昼食後、クランプ・ハタガネ・楔を取外し、外ガンネルの仮止め。
ついでにヨークを設計寸法に切断・仮止めしてどんな様子か見てみます。

良い感じ。すっかりカヌーです。
2階から撮ってみました。

2Fから

帰る時間まで軽く内ガンネルの裏側のサンディングをしました。

実は小割材の取付は、上下方向にバラついていて、内ガンネルと面一になっておらず段差があります。
後で気が付いたのですが、先に内ガンネルを仮止めし、けがいて線に合わせれば良かった。

上面はハルとガンネルごと研磨すれば面一になりますが、裏はそうはいきません。
このままでは触ったときに段差が指に当たるので、外ガンネル取付前に、気にならない程度まで
研磨する事にした次第です。

内ガンネル内側研磨

この状態で、軽く肩に担ぐ事ができました。

これに外ガンネル、ヨーク、ハンドルが加わります。
はたして体重は何kgに?
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (63)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。