topimage

2011-04

船底貼り その2 - 2011.04.24 Sun

例によって超早起きし、船底貼りを黙々と続けます。
と言っても続けて貼れないので、合間を利用して作業台を作りました。
余っていた9mmベニヤを半分に切ってボンドで貼りあわせ、これが天板。
足は2×4材を切って木ネジで組み、合体。
これでちょっとした作業がし易くなりました。

作業台

夕方になりいつもなら止めるところですが、片側完了が見えてきました。

初日途中

乾燥させた状態で船底をカットした方が良いと思い、夕食後に夜作業でがんばります。
43段で残り一本以下になり、ここで片側完了。
つっかい棒とPPバンド締めでゆがみの修正をして、船底カットに備えます。

カット前

いよいよ船底のカットです。
中心線を出すためステム間にタコ糸を張り、先日ストリプ材の鉋がけで使ったベニヤを糸に沿って
クランプで止め、鋸のガイドにします。

カット02

直線&直角に注意し慎重に鋸でカットします。続いてもう半分。

カット03

やる前はうまくカット出来るか不安でしたが、何とかまっすぐに切れました。
これで一区切りついたのでカヌーを眺めて一服。

カット04

さあ残り半分。
これからはストリプ材の両端を調整してからの貼りあわせになるので時間がかかります。

まずボンドを付けずに治具で仮止め。若干の余裕をもってけがき、鋸でカット。
微調整はカッターとサンドペーパーを使いましたが、時間がかかるわりにきれいに出来ないので、
グラインダーでの調整にするとうまくいきました。

型合わせ手順

油断すると削りすぎるので要注意。でも失敗しても次の段で使えますので問題ありません。

02仮止め

左右の段のずれが目立つようになってきました。

マニュアルでは、最後は貼りあわせた2本を削って閉じるようになっています。
貼り終った方は中心まで残り1本の幅以下ですが、このままだと今貼っている方は1本以上になるかも。
最後のボトムを閉じる段階が楽しみでもあり、やや不安です。

31段
31段いつもの角度
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (83)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR