topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/26~27釣り納め - 2011.11.27 Sun

禁漁前の最終の土日なので、今回が朱鞠内の釣り納めです。
天気予報によると終日雪で風速3m。

いつものように出発しましたが、途中の路面状況がガタガタ&ツルツルで最悪。
実家に着くまでの間で3台も事故ってました。
仮眠後3時に実家を出発しましたが、今度は朱鞠内までずっと吹雪模様で2時間かかりました。

到着しても、やはり雪は『もっさもっさ』と降り続いています。
前浜も除雪してあったようですが、一晩ですっかり積もっています。

去年は最終まで雪が無かったので、やっと愛車カルディナをFFから四駆に替えた意味が発揮されそう。
(※はじめに その4)

先に来ていた達人と出航準備。
Sさんも来ているのですが、カヌーは出さず陸っぱりをするそう。

6時20分出航。
気温マイナス3℃。水温6℃。
風があり時々強くなるので、風裏のある富成岬方面へ向かいます。

陸っぱりが誰もいないので前浜カラス間を抜け、後はいつものルートで富成岬へ。
ポイントが近づき、カヌーを止めようとした時に『ゴン』と良いアタリ!
自己ベスト2位、もちろん今期最大の78㎝でした。

78イトウ

78イトウ顔

なかなか綺麗な魚体です。
吹雪の中、来たかいがありました。

しっかり写真が撮れたのを確認してから、2本目を目指しキャスト開始。
・・・・。
・・・・。
何も出ない。

というより、リールのアームローラーが凍るので、一緒にラインも凍り、ベールを反せない!

一投ごとに息を吹きかけて、アームローラーからラインを外すので、サクサクとキャストが出来ません。
またスプールエッジに氷が着くので、ラインが途中で出なくなったり。

最後はライントラブルで、ラインの長さが足りなくなってしまいました。
ん~やはりメインタックルもナイロンに巻きかえるべきだったか・・・。

それでも富成岬、兎島周辺を2本目を目指しうろうろします。

富成岬

はるか前方に見える達人と、この広い朱鞠内を2人で貸切。
『変態は私ら2人だけですね~』と達人の弁。

容赦なくカヌーに積もる雪!
もちらん『人間雪だるま』状態・・・。

完全にマニアの世界です。
決して素人さんは真似しないで下さい(笑)

結局この後はサクラを追加したのみで、早めに10時に一旦寄航。

01サクラ

漁協のストーブで温まり、まったりします。
たっぷり休憩し、リールはナイロンを巻いてある予備と交換。
Sさんもカヌーを出し、午後の部は3人で出航。

相変わらず雪は降り続き、風はさらに強くなってきました。
午後も富成岬周辺を回りますが、結局何も無く終了しました。

今日は3人仲良く一本ずつ。

夜はレークハウスでの納会に参加させて頂きました。
宴会前の風呂が気持ちよかった。

納会

釣りバカの宴会ですから最初から最後まで、ず~~っと釣りの話だけ(笑)
楽しかった~!

そのままレークハウスに宿泊し、翌朝は釣りバカみんなで出航です。

昨日より雪の降り方は弱く、気温はマイナス1℃。
今日はリールは凍らずに済みそう。

みんな続々と富成岬方向へ。
私はSさんの後ろについて行きます。

Sさんのルートはカラス島の岸寄りなので、私はちょい沖を。

カラス島をすぎてすぐ『ドーン』といいアタリ!
ロッドが思いっきり曲がり、まるで根ガカリのようにドラグが鳴ってラインが出て行きます。

割とあっさり寄ってきましたが、昨日の自己ベスト2位を更新する80㎝!

80イトウ

80イトウ顔

丁寧に測れば81あったかも。
このあいだアップした94㎝は別として、長年通ってやっと釣れた80台です。
こいつは尾ひれがでかい!

この一本ですっかり満足。
でもまだ早いので、富成岬周辺でキャストを開始。

昨日同様うろうろしてサクラ追加。

02サクラ

さっきの80で充分満足しているので早めに切り上げ。
道具を片付け、カヌーを丁寧に洗って撤収しました。

2日で一本出ればいいなと思っていたのですが、良型が2本出て最高の釣り納めができました。

ところで、雪の中でのカートップって事情を知らない人が見たら何て思うんだろ(笑)

漁協前
スポンサーサイト

11/19~20 - 2011.11.21 Mon

19日の天気予報はず~っと雨。
この時期の雨は、情け容赦無く体温を奪うので、本当に寒くて辛いんです。
でも、行っちゃうんです。(笑)

5時前浜着。
気温は4℃。雨はず~っと降り続いています。

準備を済ませ『さて出ますか』とみんなで一斉に、6時出航。
そういえば水温を測るの忘れてました。
おそらく5~6℃でしょう。

達人もSさんも弁天をスルーしたので、「どれどれ」と入ってキャスト開始。

沖目から広くキャストで探るとやがて『ゴン』と良いアタリ。
よっしゃ!食った!
久しぶりにキャストで出た73㎝です。

イトウ顔
イトウ

ちょっと細身かな?
でもコンディションは抜群で、何度も真下へ潜っていき、その都度「お~~とっと!」
思わず声がでて、顔は多分ニヤけています。

ロッドの曲がり&ドラグ音でたっぷり楽しませてくれました。

さあ、今日は気合が入ってるので、まったりせずにガツガツいきます!

出航前に気になった中の島、弁天間を表、裏両側から攻めます。
ん~出ない。
次!
貴重な朝マズメが終わる前に、なるべく多くのポイントを探れるよう、サクサクと進めます。

次!藤原南。
出ない!
次!兎島。
ここもダメ!

そろそろ朝マズメ終了。
先週ワカサギが浮いていた土堰堤が気になるので移動。

土堰堤

この程度の雨ならまだ良いのですが、頻繁に『これでもか』というような大粒の雨が降ってきます。
そろそろ袖口が濡れてきて冷たい。
手がかじかむので、ベストのポケットにカイロを入れていたのですが、すっかり濡れて役に立ちません。

ここは入口で、サクラヒット。
左側ワンドでサクラ追加。

01サクラ

本命ポイントの奥のワンドにはワカサギは浮いていません。
一通りキャストし、ここは諦め次へ移動。

地雷場入口でアメ。

02アメ

軽く叩いて地雷場を抜け、気になるポイントのみキャスト開始!
ここではサクラが出たのみ。

またまたポイント移動。
イタリアをぐるっと一回りし、要所を叩きますが何も無し。

次に北大裏に移動。
浮島方向に戻りながらキャストを続け、サクラ追加。
浮島でもう一丁サクラ。

今日はサクラの活性がいいのか、あるいは何かパターンに乗ったのか、やたらサクラが出ます。

ここで午前の部を終了し、いったん戻って昼食。

みんなの釣果を聞くと、Iさん・Yさんコンビは、Yさんが西側で2本と!
達人、Sさんはまだ出ていないそう。
てことは、あまり状況は良くないという事なので、1本出た私はラッキー!

ストーブとカップ麺で温まり、午後の部開始。

出航前、カヌーの中は浸水でもしたかのように、大量の雨が溜まっており何度もバケツでかき出しました。
ネタ用に写真を撮っておけば良かった(笑)

さてどんな状況かなと西側からスタート。

ひょうたん、二股と要所を叩きながら北上しますが、ゴミと濁りがけっこうすごい。
よくこの状況でYさんは2本上げたなと感心するほどです。

ハッスルでサクラ追加。

03サクラ

この後は何も無かったので、夕マズメにそなえ、思案島、藤原北、中の島と南下し富成岬へ。

移動中、弁天、富成間で『ゴン』と良いアタリ!
ドラグも鳴って「2本目来た~!!」と確信!

急いでもう1本のルアーを回収してから、ロッドを持ってリールを巻きます。

「あれ!???」

異常に簡単に寄ってきます。
なんか変?

2本目ではなく、いつもより多少大きいアメでした・・・・。

04アメ

ラインがぐるぐる巻きになって、エラにラインが食込んでいたのでスレがかりの要領でドラグが鳴ったっぽい。
ネットでランディングし、ラインとフックをを外してから一応サイズ測定。
もっとあるかと思ったけど、48㎝でした。

すっかり気が抜けてしまい、弁天経由で撤収しました。
弁天でまたサクラを追加し合計7匹。
そういえば、二桁釣ったのも久しぶり(笑)

夜半に雨があがり、翌朝はたま~に霧雨程度。
少し風があります。

東側の雲が昨日より少なく、昨日より早めの6時前に出航できました。

今日も弁天に入れましたが、さすがに2日続く事は無くここは何も無し。

みんな富成岬方面へ行っているので、あえて藤原南へ。
でもやはり何も無し。

富成岬へ移動すると、達人がまだやってたので、距離をとってキャスト開始。
やがていいボイルが二つ!

『今の見ました?』
「はい」

お互いにボイルのあったあたりに移動しひたすらキャスト。
奥のボイルからさらに奥で、達人にヒット!
50ちょいだそう。
ボイルの主ではなさそうです。

一方、私にはな~んにも無し。

ぐるっと兎島でも回ろうかと流し始めたところで、やっとヒット。
またサクラです。

11サクラ

マズメもとうに終わり、そこそこの時間。

結局、富成岬周辺をキャストと流しでうろうろし、やがてアメがヒット。
横に走りやがって、もう一本とおまつりに・・・。

12アメ

からんだラインを解くのに手間どり、まもなく9時。
近場で気になる弁天裏とカラス島裏をやって、何も無く撤収しました。

みんなが続々と帰って来て、お互いに釣果報告。
Sさんも、Iさん・Yさんコンビもダメだったそう。
『昨日よりず~と悪いな』というのがみんなの感想。
今日は達人の一本だけでした。

あと残り一回。
一本上げて、気持ちよく締めたいところですが、今日からの大荒れの天気がどのように影響するのでしょうか?
ちなみに今日は、杉坂さんが東京からの4人のお客さまのガイドをしているはずなのですが
まだブログは更新されていません。
雪と強風の予報だったので、はたして釣りになったのかな?

11/12~13 - 2011.11.14 Mon

待ちに待った、2週間ぶりの朱鞠内釣行です。

うきうきして出発し、実家でカヌーを積んで、さて寝ようとしたら親父が起きてきて
『明日の朝、力仕事を手伝ってくれ』と・・・。
腰を痛めたそうです。
しょうがないな。

少しでも早く行きたいので、夜明け前から準備を始めました。

朝焼け

きれいな朝焼け。
みんな釣ってるんだろうな~と思いながら段取りを済ませ、
朝食をはさんで8時に終了。

達人から着信があり、折り返すと『車直ったはずなのに何で来てないんだろ?』と
気遣って電話をくれたそう。
いつもありがとうございます。

達人によると、朝イチ81㎝を上げたものの、その後の反応は極めて渋いとの事。
私なら81㎝なんてのを上げたら、満足して後はどうでも良くなるでしょうが、
さらに次々と攻めていく姿勢はさすがです。

朝マズメを外しての出撃なので、期待せずに出発。
明るい時間に朱鞠内方向へ向かう事はほとんど無いので、途中の景色が妙に新鮮でした。

前浜に着くと、ちょうど杉坂さんが上がってきました。
ここ数日釣果に恵まれていないという事ですが、今日はいくらかワカサギが浮いているそうです。
盆栽島方向で多少のボイルもあったそう。

準備を済ませ10時出航。
水温8.5℃。弱い風。
弁天、藤原南と進み、盆栽島で達人発見。
アメ追加のみで、やはり全然反応が無いとの事。

土堰堤に入ろうと思いましたが、Sさんチームが出てくるところでした。
ここを攻めるのは、今日すでに2回目ですって。
さんざん叩かれているでしょうから諦めて、兎島、富成岬周辺をうろうろしますが、
反応は無く、ワカサギも全く浮いていません。

午後からが勝負と、早めの11時に午前の部終了。
昼食を済ませ、12時午後の部スタート。

西側から回る事にします。
出航してルアーを流し、一服しようとタバコに手を伸ばした時『ゴン、ジー』といいアタリ。
コンディションが良いようで、さほどのサイズでは無いのに、なかなか上がってきませんでした。

前浜からすぐなので、連れて行って写真撮影。
頭がでかく、太い70㎝でした。

01イトウ

02イトウ

唇?頬?のピンクが鮮やかできれい。
せっかく前浜まで戻ったのだから、網から出して撮れば良かった。

この渋い状況で、真昼間の1本はラッキー!
朝マズメを犠牲にして親孝行したご褒美という事にしときます(笑)

リリース後再出航。
二股岬、土場沢岬と要所をキャストしながら進みますが、全く反応がありません。
風が強くなりキャストがしづらくなってきたので、風裏のある藤原島へ移動。

藤原北の深場をキャストで広く探りますが、やはり反応はありません。
さらに藤原裏、地雷場へと移動。

地雷場

いい感じの波。
でもここでも反応はありません。

地雷場を抜け盆栽島、土堰堤と進んでいきます。
土堰堤の浅場で小アメがヒット。

小アメ

8㎝ミノーの倍くらいの小ささ。
ボディフックをガッチリ食ってるんですけど、キミは本気で食う気だったの?

やがて、そろそろ夕マズメ。
明日の朝マズメに備えて、ポイントチェックの意味で兎島、富成岬周辺を探りますが
反応どころか、ワカサギさえ浮いていません。

明日も厳しいんだろうな~と思いつつ、弁天島経由でひょうたん岬方面へ。

二股岬に達人が見えたので、このまま下ってくるだろうと予想し
邪魔をせずに、叩かずに帰還しましたが、なかなか達人が帰って来ません。
すっかり暗くなってからようやく帰還。
84㎝を上げたんですって!
粘り勝ちですな。

作戦を考えながら寝るつもりが結局何も思いつかず、いつの間にか爆睡。

翌朝は今にも雨が降りそうな天気で、気温4.5℃。
すこし明るくなった5時50分出航。

達人は西方向、Sさんチームは弁天方向へ。
私は富成岬は期待できないので、とりあえず藤原南へ。

予想通り?何の反応も無いので、盆栽島、土堰堤と移動。
Sさんチームが右側を攻めているので、邪魔にならないよう左側を進みます。

ここでようやくヒット!

サクラ

サクラですが、激渋の中での反応が嬉しい。

周辺を良く見ると、時々ワササギが浮いてきます。
これはチャンスかもと、広く探りながらキャストを続けます。

魚種は分かりませんでしたが、頭を見せてのボイルも発見し、やる気アップ!

・・・・・・・・・。
・・・・・。
・・・。

朝マズメ終了。

雨が強く降ったり、晴れ間がのぞいたり、雷が鳴ったりと不安定な天候の中
さんざん粘りましたが、結局、追いもアタリもありませんでした。

その後兎島、盆栽島間をうろうろして、ルアーを回収しようとロッドに手を伸ばした瞬間、アタリが!
慌ててあわせますが、『ジー』とドラグ音を鳴らした後、バレてしまいました・・・。
ん~、悔しい!
なんてもったいない!

もう一度こないかなと周辺をキャストで探りますが、結局何も無し。
要所を探りながら帰ればちょうど良い時間になるので、撤収する事にしました。

Sさんチームもほぼ同時に帰還。
釣果を聞くと2本との事!
いつの間に?



今回はターンオーバーの影響でしょうが、マズメすら表層は厳しい状況でした。

来週は多少良くなるでしょうが、もう再来週でおしまいなんですよね~。
そういえば、去年もやっと良くなってきたと思ったら禁漁突入でした。

10/29~30 - 2011.10.31 Mon

先週はバタバタしていて、マウント作り直しはとても無理なので
以前使っていたのを流用する事にしました。

捨ててはいないので、カヌーラック付近にあるはず。
ありました。
割れたパーツを交換し、とりあえず今シーズンはこれでしのぎます。

マウント交換

これで一安心。
仮眠し、3時出発4時半湖畔着。
準備を済ませ、5時15分出航。
水温10℃、気温8℃、微風。

とりあえず、弁天方向から富成岬へ向かいます。
ポイントにつく頃、ちょうど明るくなってきたのでキャスト開始。

今日はワカサギは見当たらず、ボイルもほとんどありません。
先週日曜は粘って失敗したので、ちょこちょこポイントを移動しますが、
アタリはもちろん、ボイルなどの魚の反応が見られません。

間もなく朝マズメのゴールデンタイムが終了してしまう・・・。

富成岬方面がやはり気になり、藤原島南からの移動中に『ゴン』と良いアタリ。
カヌー近くまではアッサリ寄ってきましたが、寄せてからは抵抗しました。

ちょうど70。
近くにいたIさん・Yさんが『どれどれ』と来てくれたので、ネタ用にニコパチをお願いしました。

イトウ

「キリッ」としたかったのですが、照れちゃうもんですね~。
思いっきりニヤけてます。

これで先週から続いた不運をいくらか解消できたかなと、これ以降はマッタリモードに切替えました。

なんせ今回の釣行の最大のテーマは『何事もなく無事に帰る』なので、
いつも以上に安全には気を付けました(笑)

地雷場を抜けイタリア横を流して、小アメヒット。
リリースを終え、ふと見るともう一本のロッドも曲がっています。
もしかしてダブルヒットだった?
こちらはサクラでした。

サクラ

この後、浮島でIさん・Yさんコンビと再会。
引っぱってたルアーの回収で、アメがヒットしました。

お互いの釣果を報告しあい、しばらくここでキャスト。
そこそこ反応があり、さらにアメを追加しました。

北大裏など、しばらくこのあたりを探ってから前浜に戻り昼食&昼寝。
ちょっとのつもりで思いっきり寝てしまいました。
念のためセットしておいた目覚ましに起こされ、3時前に再出航。

遠くへ行く時間は無いので南側をうろうろし、特に何も無く夕マズメ終了。
前浜に戻り片付けてると、sinさんが声をかけてくれました。
釣果などの話をし、sinさんはイトウは出なかったものの、アメ8匹ですって!すばらしい!!

『今回で今年は終わりかな』などとふざけた事を言っているので、軽く説教(笑)。
そのうち達人も戻ってきたので、sinさんと一緒に色々談笑しました。

sinさん、今度来たときはあちこちポイントを案内しますから、着いたらすぐに電話して下さいね。



翌朝はそこそこ冷え込み、漁協の寒暖計は2℃。
カヌーは霜でバリバリに凍ってます。

霧が濃く視界が悪いので、少し明るくなった5時半出航。
弁天、藤原南と回りますが他のボートが見えたので富成岬へ移動。
達人が送電線下を探っていたので、私は兎島寄りを探ります。

昨日以上に何も反応がありません。
このままこのあたりで粘っても無駄かな?と判断し、本流筋を北上し浮島へ。
途中、藤原島北でアメがヒットし、無事ボウズ回避(笑)

02アメ

藤原島裏と浮島間でワカサギの反応があったのでキャストしますが何も無し。
渡しで浮島に入っているフライマンの沖で、またまたワカサギの反応。
ここでもキャストしますが、やはり何も無し。

目障りでしょうから、さっさと移動します。
北大島側のボサをグルっと一回り探りましたが、何も無し。
多分、昨日sinさんがいぢめすぎたせいでしょう(笑)

藤原裏へ移動すると地雷場方向から達人が。
状況を聞くと『まだ何も出てない』と!
この秋シーズン、必ず毎回イトウを出していた達人がダメという事は、今日の状況の悪さは相当なもの。

今日はタイヤ交換やら車を修理に出したりとか色々予定もあるので、早めに撤収する事にします。

風も無くおだやかで、釣果は別にして、のんびり釣りをするには最高の日なんですけどね~。

おだやか

前浜に戻るまでアメ2匹追加し、今回はトラブルも無く無事釣行終了。

次回は11月。
朱鞠内で釣りが出来るのも、あと4回しか残ってません。

よし!そろそろ本気出すか(笑)

10/22~23 - 2011.10.24 Mon

今回の釣行では信じられない大チョンボをしちゃいました。
すんげ~恥ずかしいのですが、日記なので素直に書いておきます。

そろそろ朝の冷え込みがきつくなるだろうという予想のもと、
湖畔での前泊はせず実家にて仮眠し、3時出発、4時半現着。

混んでるだろうな~という予想に反して、ボート組は私を含め4組。
杉坂さんに状況をお聞きし、5時ちょい過ぎに出航。

気温6℃、薄曇、ほぼ不風、水温10℃。
まずは弁天島から富成岬へ流しながら進み、富成岬周辺をキャストで広く探ります。

・・・1時間経過・・・何も無し。
ボイルもあまりしてません。
ヤバイ。朝のワンチャンスが終了してしまう。

この周辺はあきらめ、藤原島南へ移動。
ここはワカサギの反応が良かったのですが、やっと出たのはアメ。

1アメ

結局ここではこの1匹で、兎島→土堰堤とポイント移動。
土堰堤周辺は表面に幕が張ったように何かが浮いており、釣れる気がせず、すぐにUターン。
でも返り際の入口周辺で、サクラが出ました。

サクラ

この後は地雷場、藤原裏、中の島と移動し、ここで一旦戻る予定でしたが、
西側が気になりひょうたん、二股と探りました。

が、やっぱり何も無く終了し戻って昼寝。

2時、西側を再度探るため出航。
午後からは風も出るだろうと思ってたのですが、今回は珍しく相変わらずのベタベタです。

西側

ひょうたん、二股、土場沢と要所を叩きながら北上しますが、何も無し。
夕マズメにそなえ南下。弁天~カラス間で小アメ。

マズメも富成岬周辺で粘りましたが、結局何も無く終了。

翌朝4時半起床。
夕べはうるさいくらい大粒の雨が降っていたのですが、幸い小雨になってます。
昨日は来れなかった達人も到着。

準備を済ませ5時15分出航と思いきや、エレキマウントにトラブル。
エレキが下がっているのに気が付かずにカヌーを動かしたせいか、
バキっという音と共に、マウントが大きく割れてしまいました。

破損マウント

そのうちタモ材で作り直そうとは考えていたのですが、やはりSPF材では強度不足のようです。
当て木をしてカヌー本体に直接エレキをセットし、何とか出航。

気温12℃。やや風と波があり、流されながらキャストするのにちょうど良い感じ。
今日こそはと、回遊に当たる事を信じて富成岬周辺を広く探ります。

一度だけゴンと当たったのですが全く乗らず、結局反応はこれだけ。
兎島、土堰堤入り口とポイント移動し、盆栽島でアメ。

2アメ

地雷場を抜けるとき達人から電話で情報を頂き、地雷場入り口で粘りましたがダメ。
藤原裏に移動しますが波が高くなっており、あきらめてUターン。
再び地雷場入り口でキャストしますが、やっぱりダメ。

いつもと違うエレキのハンドル位置や操作のため、右腕の袖に雨が入ってべちゃべちゃ。
寒さも辛くなってきたので、あきらめて戻る途中小アメ。

で、ここからが今回のメインイベント!
前浜に戻り車を移動しようとしてポケットを見ると、キーが無い!

無意識に変な所に入れたかと、ライフジャケットやタックルボックス、
ウェーダーの中まで探しましたがどこにも無い!

出航場所も見ましたが落ちていない。
そういえばポケットのチャックが開いてました。
マウントのトラブルの際、バタバタしていて落としたのかも知れません。

帰れない!どうしよう。
スペアキーは自宅。
どうやって取りに行こう?
JAF?いや違う!

パニックになりそうな頭で、なるべく冷静に考えます。
とにかく滝川の実家まで行ければ、親父の車を借りてキーを取りに戻れる。

ここで天の助け!
達人Oさんが実家まで送って下さると!

Oさん、本当にありがとうございました。
本当にいつもお世話になりっぱなしで、まだ何の恩返しもできません。

タックルだけ持って、Oさんの車で実家まで送って頂きました。
そして親父の車を借り札幌の自宅へ。
スペアキーを持って実家へとんぼ帰り。

今度は親父を乗せて朱鞠内へ。
真っ暗な前浜に、愛車とカヌーが待ってました。

カヌーを積み、やっと帰れます。
実家に到着しカヌーを下ろし、ほっと一息。

お袋が夕飯を用意してくれてました。
いくつになっても親はありがたいものです。
親父もイヤな顔ひとつせず朱鞠内までつきあってくれました。

札幌の自宅に着いたのは10時半。
9時間近く運転しっぱなしで、さすがにフラフラしました。

でも今回キーを無くしたのが朱鞠内前浜だったので、まだツイていたのかも知れません。
携帯も通じるし、漁協もあるし。

これが北側のインレットだったり、良く行っていた山岳渓流だったりしたらどうなっていたか・・・。

今日は一緒に無くしたエンジンスターターのリモコンを注文してきました。
12800円ですって。高っ!
ディーラーで純正スペアキーも注文しとかなきゃ。
不注意のツケはいろいろ高くつきそうです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。