topimage

2017-06

さらば零号艇 - 2011.09.18 Sun

(入手した年の秋シーズン、北大裏にて)
旧艇とアウトリガー

まだ雪深い3月上旬、零号艇の前オーナーから電話がありました。
「カヌーなんだけど、前のオーナーが返してほしいって言ってるんだけど・・・・。」

な!な~~に~~!
冗談じゃないぞ~!
苦労して、一冬かけて手直ししてるんだぞ~!

冷静に良く話を聞くと、前オーナーと前々オーナーに微妙な認識違いがあったもよう。
要は、前オーナーは「もらった」
前々オーナーは「超長期で貸してあげた」

ちなみに私、前々オーナーとは全く面識はありません。

ちょうどこの頃は新艇の作製を決意し、カヌー工房と仕様の打ち合わせをしている最中。
そのため零号艇はゴムボの常連仲間にゆずるか、漁協に進呈しようと思っていました。

「まあ、ちょうどよかったか」と思い直し、
「わかった。今年カヌーを作るから出来上がるまで待ってと伝えておいて」

あれから半年。
進水式も無事終了したので、はるばる大樹町まで返しに行ってきました。
大樹町には妹が住んでいて顔も見たいので、いっしょに両親も連れて行く事に。

実家に前泊し、朝早く出発。10時ちょいまえ、大樹町到着。
まずは前オーナーの案内で前々オーナー宅へ。
あいさつし、カヌーを返しますが最後に記念写真。

最後の姿

思えばこいつのおかげで、新たな楽しみを覚えたんだよな~。
今までありがとう。

カヌーを返して妹宅へ行き、一息いれて両親を残して歴舟川へ。

本物のカヌーイストなら川下りをするのでしょうが、
私はなんちゃってカヌーイストなので、もちろん釣りをします。

ポイントがわからないので、とりあえず入りやすそうなキャンプ場へ。

歴舟川

良い感じの落ち込みがあり、ニジでもいないかな~と色々手を変えて攻めましたが何もなし。
ちょい下のテトラ脇でアタリが一度あっただけで終了しました。

妹宅へ戻り昼食をご馳走になり、日帰りで実家に戻りました。

さて零号艇も返したことなので、アウトリガーを新艇用に調整。
ロッドホルダー同様、長さの足りない固定部材を作り直しです。

アウトリガー固定部材

このアウトリガー、欠点(短所)もあります。
・取付に時間がかかり面倒。
・波が出るとアウトリガー先端が水をはじき、船内に水が入る。

なので昨年秋シーズンからアウトリガーは全く使っていません。
ふだんは一人なので必要ありませんが、ゲストがいる時はつけた方が安心ですので、
これで必要な時は使えます。

ここで業務連絡(笑)
ゴルゴさん。
準備完了ですので、いつでもOKですよ~!
スポンサーサイト

外側FRP研磨&仕上げ - 2011.04.20 Wed

内側ほどでもありませんが外側の汚れも気になり、また長時間水に浸かっていた部分が
粉を噴いたように白くなっているので研磨します。
まず内側同様にグラインダーで研磨。
段差部分の汚れは取れないのも同じです。

外側FRP研磨

サンダーで仕上げをしますが、すぐに樹脂がダマになって目詰まりし、順調に進みません。
結局サンダーでの研磨はあきらめ、手動でサンディングしました。

最後は水性ウレタンニスで仕上げです。
内側2回、外側3回、ガンネルは5~6回塗って完了としました。

完成内部
完成

これが補修前
修理前内部


水性ウレタンニスの強度と耐久性がやや心配でしたが、昨年1シーズン使って特に問題はありませんでした。
ただキャリアに積む時、所定の位置までキャリア上でズリズリするので、
その部分のガンネルは傷みがありました。
新艇は工房のお勧め通りエポキシコーティングしてから、ニス仕上げをしようと思います。

デッキ取付&外ガンネル処理 - 2011.03.31 Thu

ヨークに続きデッキを取付けます。
デッキ部分のハルが外ガンネルよりかなり低くなっており、
樹脂を流し込んでごまかしていたので、この樹脂をノミを使って削り、
ガンネルと高さが合うようにハルの幅に合わせて埋木する事にしました。
またデッキの形状変更により内ガンネルが10数センチ短くなるので、
余ったタモ材で内ガンネルを延長しました。

鉋とグラインダーで調整し、エポキシ接着剤を付け、外ガンネルから木ネジで取付けます。
多少隙間が出来てしまったので、薄く削った埋木と木工用パテでごまかしました。
また当初は付ける予定はなかったのですが、上陸の時などずり上げるには便利なので、
タモ材でグリップを作りました。

グリップ

あとは外ガンネルの処理です。
木ネジの頭は埋木するので、外ガンネルの元々の木ネジの穴をドリルで座ぐってからネジ止めし
埋木にボンドをつけ叩き込みます。
埋木は事前に丸棒を小さく切って用意しておきました。
ボンドの乾燥後、グラインダーとサンダーでガンネル面まで研磨し、
凹みのある部分は木工用パテで埋めました。
ハル外側の研磨が終われば、完成までもう少しです。

ガンネル

ヨーク取付 - 2011.03.30 Wed

移動の際ヨークが必要だったので、まだ古いのを外していませんでしたが、
新ヨークが出来上がったので交換する事にします。
デッキ取り外しの要領で、鋸で切り始めて間もなく・・・・「ガリガリガリガリ」・・・!?!?
木ネジが埋まっていました・・・。
新調したばかりの鋸の刃が・・・。
外したヨーク部分の木ネジは特に長かったので安心していましたが、
ハル外側→内ガンネル→ヨークと木ネジ止めしてから、外ガンネルを取り付けてあったようです。

とりあえず木ネジにぶつからないよう十分余裕を取ってヨークを切り、
ノミで慎重に割っていくと2本ずつ木ネジがありました。
この木ねじを外すには外ガンネルを外す必要がありますが、再利用できるよう壊さずに外すのは無理っぽい。
ガンネル材の入手も難しいし、下手をすると解禁までに間に合わない。
ん~どうしよう。

正しく外すのを諦め、強引に切る事にします。
グラインダーで切取り、出っ張りを内ガンネルごと凹むまで削り、木工用パテで埋めます。
これで引っ掛けて怪我をする事はありません。

新ヨークをボルト留めするため、残った木ネジに干渉しないよう内ガンネルに穴を開け、
防水のため穴の中にウレタンニスを塗り、乾燥後ボルト留めして完了です。
うん。かっこいい。

ヨーク

異能☆さん、素敵なデザインを無断で使わせて頂きました。お許し下さい(笑)。
「許可します」のコメントを頂けるとうれしいのですが・・・。

内側FRP研磨 - 2011.03.29 Tue

修理前内部

この零号艇、内側のFRP樹脂の塗布回数が足りなかったようで、ガラスクロスの目が埋まっていなくざらざらしており、その目の中に汚れが積もってこびりついていました。
これでも入手後、水と家庭用洗剤をぶっかけ硬いブラシで擦り、いくらかはきれいになってます。
底の右側の一部分が白っぽくなっていますが、これは秋シーズン釣行の際、ウェーダーの底のフェルトで擦れてきれいになったものですが、こんなこと意識して内側全面など出来るわけありません。
側面部分は絶対無理だし。

正攻法できれいにするのは諦め、ホーマックでACコード式のドライバードリルと
真鍮製の丸型ブラシアタッチメントを購入し、またもや水と家庭用洗剤をぶっかけ磨きました。
が、ほとんど効果なし。遠慮しないで鋼鉄製のブラシにすれば多少は良かったかも。
ここでガンネル研磨の応用が頭に浮かびました。樹脂層を一皮剥くイメージで汚れごと研磨すれば?
ためしにグラインダーで削ってみるといけそうですが、元々樹脂層が薄いので注意しないとハルまで達しそう。

粉塵がものすごい。先日のガンネル研磨の比ではありません。
古い雨合羽の上下を着込み、頭に手ぬぐいを巻き、マスクとゴーグルで完全防備しますが、
内側研磨は頭を突っ込んでの作業ですので、たちまち頭から粉まみれ。
寒さのため吐息でメガネがくもり、ゴーグルに粉がつき見え辛くなる。
グラインダーの重さで、手がプルプル。
でもグラインダーを動かすたびに、汚れの下のきれいなハル面が現れるので面白いんです。

FRP浮き

ハル材に段差がある部分の、凹んだ部分の汚れは取れませんが、
これ以上やるとFRP層を全て削ってしまうのでこのような部分はここまで。
またFRPの施工不良でクロスが浮いている箇所があちこちにあります。
正しくは削り取って、小さく切ったガラスクロスでパッチを当て、樹脂を塗布するのですが、
気温が上がる季節まで樹脂は使えないので、後日のニス塗りをしっかりして防水処理のみにする事に。

両側のステム部分は狭いのでグラインダーは使えず、ひたすら手動でサンディング。
ステム奥の汚れはサンドペーパーが届かず手動でも無理だったのであきらめました。
ハルの隙間へのパテ埋めをきちんとしていないので光が当たると隙間がわかります。

バウ内部

この後、グラインダーで削った後に残る鱗模様を消すため、内側全面を手動でサンディングしました。
内側FRP研磨は、のべ日数で何日もかかり大変な作業でしたが、きれいになっていくのが目に見えて分かり、
またサンディングの具合を撫でてそのなめらかさに満足し、楽しい作業でした。

↓サンディング後、ニス塗り一回目後の画像です。見違えるでしょ?
内側ニス塗り前

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (64)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR