topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヌーが重い!! - 2012.09.29 Sat

IMG_1247.jpg

今日は朱鞠内湖の秋シーズン開幕戦に行って来たのですが、
帰りに地面に置いたカヌーを持ち上げようとすると・・・・。

『うっ、重っ!』
ついつい、いつもの感じで持ち上げたので、落としそうに・・・・。

そういえば、直した後の重量を量ってなかった(汗)

いざ、体重測定!
20kg以内に抑えたつもりが、こってり樹脂を盛ったので21kgありました。

一気に4kgもの激太り!
なんと、24%増量の大サービスです(笑)

--------------------------------------------------------------

釣りのほうは、この時期にしては奇跡的な好釣果でした。
釣行記の更新は、また後で。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カヌー修理完了! - 2012.09.12 Wed

O川でチビニジに遊んでもらった後、カヌー修理の仕上げです。

濡れ雑巾でダストを良く拭きとってから、ニス塗り。

天気が良くて気温も高く、すぐに乾燥するのでちょっと塗りにくいですが
硬化も早いので順調に進みました。

2回目でこんな感じ。

26補修01

3回目でけっこういい感じ。

26補修02

4回目。
こんなもんかな?

26補修03

乾燥が速いのでハケの凸凹が多少残りますが、薄めるとタレてしまうので、これで妥協。

一晩おいて、翌朝の5回目で終了にしました。

26補修05

実は外側のFRPを施工した時、こんな感じで未施工部分とはっきり違ったので、
『ツギハギが目立つとカッコ悪いな~』と気がかりでした。

名称未設定-2

結局、研磨と塗装で全くわからなくなったので、大満足です。

今回のカヌー修理は、4週連続で好天に恵まれたので、順調に進みました。
あとは、水温が下がり秋シーズンが始まるのを待つだけです。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

カヌー修理の続き - 2012.09.03 Mon

今週末もカヌーの修理です。

内側のFRP積層2回目の前に、ロッドホルダーも割れかかっていたのを思い出し、
エポキシで接着後、FRPで補強する事にしました。

25補修02

根掛かりなどの時ホルダーが壊れたら、湖にタックルを奉納してしまう心配がありましたが
多分これで大丈夫!?

ホルダーのFRPを施工した後、カヌー内側の2回目を塗りました。
予定通り3回目で、クロスの目は充分埋まりそうです。

25補修03

小一時間待って、そろそろ仕上げに掛かれるかな?と見てみると・・・。

なんじゃこりゃ~!
しっかりパラフィン入りじゃないか!!

あまりのショックに写真をとるのも忘れました。

先週ジョイフルAKで樹脂を購入した際、「これパラフィン入っていないですよね?」と
わざわざ店員に確認したのに、あの野郎知ったかで、ウソこきやがりました(怒)

パラフィン無しなら、そのまま重ねて塗れるのですが、この場合は表面のパラフィン層を研磨しないと
剥離してしまうのです。

仕方がないので、研磨できる程度に硬化するまで外側の研磨を進めます。
60番をランダムサンダにセットしてまず左半分。

25補修05

残り半分をやって、やっと60番研磨完了。

25補修06

ひっくり返して内側の硬化ぐあいを確認すると、もう充分。

「くそったれ。あの店員のせいで余計な手間を・・・」
ブツブツ文句を言いつつ、60番で内側の研磨。

表層のパラフィンを削って、ダストを拭いて・・・。

25補修07

記事にするとあっさりですが、朝8時から始めて、この時点ですでに4時です。

内側3回目の仕上げを塗って、この日はこれで終了。
----------------------------------------------------------------------------

翌日も早朝から作業開始。
天気が良すぎるので、納屋の日陰を移動しながらの作業。

まずは内側を60番で研磨。

25補修09

ここでトラブル発生!
ランダムサンダのパットから、頻繁にペーパーが外れてしまいます!

パット面はマジックテープ状になっていてペーパーを固定するようになってるのですが、
外周部2cmくらいの爪が無くなってます。

おそらく摩擦熱と磨耗で爪が無くなったのでしょう。

平面部分は何とか外れずにできそうですが、パット部分を浮かせるとすぐ外れるので、
キールなどの凹面は手作業で研磨する事にしました。

とか何とか苦労して、まずは内側の60番研磨終了。

25補修10

猛暑の中、手作業はキツイです。
すぐ腕がだるくなるし・・・。

で、今日はさっそく筋肉痛(笑)

今度はひっくり返して、外側の120番研磨。
外側は凸面なので、キール部分もランダムサンダが使えます。

25補修11

そして、仕上げの240番研磨。

25補修12

またまたひっくり返して、内側の120番研磨。

25補修13

キール部分より上には60番のキズが取りきれずに残ってますが、体力的にもう無理!

『新品じゃないんだから』
『ど~せガンガン使うカヌーなんだから』

という事で、適当なところで妥協しました。

で、内側も仕上げの240番。

25補修14

軽くダストを拭いて、やっと研磨が終わりました。

25補修15

次回はウレタンニスを塗って仕上げの予定です。
このニスは水性ですが、そこそこ強度もあって使いやすいのでお勧めです。

一方、この樹脂はパラフィン入りですので、要注意です。
ってか、とんでもなく高いので、ジョイフルAKでは買わずにネットで買いましょう。

25補修16

何とか今回で研磨は終了しましたが、こうして見ると似たような写真ばっかりで、
苦労の割りには、記事としては面白くない(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

カヌーの修理 - 2012.08.28 Tue

それは春シーズン真っ只中の、朱鞠内でのこと。

『何で天気が良いのに、カヌーの中がいつまでも濡れてるんだ??』

出航の時は濡れたウェーダーで乗るので、どうしてもカヌーの中は濡れますが、
日が高くなってくる頃には完全に乾きます。

『穴?』そんな訳あるはずないし?

船底をよ~く調べると、キャストする時に立っているあたりに亀裂っぽいものが。
ここに足を乗せて体重をかけると亀裂が広がり『じわ~』っと水が浸みてきました・・・・。

軽量化にこだわりすぎて、強度が足りなかった?

カヌー工房との打合せや、仕様ではこれで問題なかったはずですが、
私の使い方に問題があるようです。

普通にパドルでカヌー遊びをするなら、船底に大きな力はかからないのでしょうが、
私のカヌーは釣りをするための物。

立ってキャストするので、そのつど足の裏の船底には体重+αの力が加わります。
これが一日に数百回、それが毎週というカヌーにとって過酷な状況。

とりあえずテープを貼って、バウ・スタンを逆にして乗る位置を変え、春シーズンはしのぎました。

何となく恥ずかしいので、ほんとはこっそり直すつもりでしたがネタも無いので(笑)

------------------------------------------------------------------------

まずは修理方針を決めます。

亀裂部分のみにパッチを当てるのが一番簡単ですが、
数箇所にあるという事は、全体に強度不足だろうから、これではまた割れるのは明らか。

亀裂にパッチをあて、さらに船底の内側、外側全体にFRPを再施工する事にしました。

ガラスクロスは元々使った薄い#100ではなく、普通に#200をネットで注文。

ランダムサンダーに60番のペーパーで、樹脂が喰い付くようにニス部分を研磨します。
次にクロスを広げ、バウとスタンは模様に沿ってカット。
カットした余りを亀裂部分のパッチに使います。

ガンネルなど、船底部分以外に樹脂が垂れないように養生して、FRP施工。
作った時同様に、3回で仕上げました。

02.jpg

亀裂部分は水が浸みこんだため木が変色していますが、この部分まで直すつもりは無いのでこのまま。

01.jpg

ここまではお盆の話。
先週は内側をやりました。

外側と違い、内側は研磨し辛いので時間がかかります。

ようやく研磨が終わって、クロス敷き。
亀裂部分にパッチを当て

03.jpg

さらに全体にクロスを敷いて、余りをカット。

04.jpg

そして、樹脂塗布1回目。

05.jpg

樹脂が無くなったので、今回はここまで。
帰りにジョイフルAKで買ってきましたが、めちゃくちゃ高いです。
ここの倍くらいしました。

クロスと一緒に買っておけば良かったと後悔してます。

次回は内側のFRP施工を終わらせ、外側のFRP研磨の予定。

その後内側のFRPを研磨してようやくニス塗りですが、まだしばらくかかりそうです。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

カヌーに魚探を - 2012.04.26 Thu

先日より作製中の艤装品が完成したので、取り付けテストをしてみました。

まずはエレキマウント。
思えば、こいつが壊れたせいでバタバタして、車のキーを無くしたんだよな~。

艤装06

材料は強度のあるタモ材。
エレキを固定する部分は厚みが欲しかったのと、ボルト用の穴を真っ直ぐに開けるのが難しいので
ボルト用に溝を掘って、2枚をエポキシで接着しました。

仕上がりはこんな感じ。

艤装02

エレキをセットしてみました。いい感じです。

艤装01

本当は下の固定用部材もタモだったのですが、取付位置を間違って短く採寸してしまい、
カットしてから間違いに気づきました(悲)
で、やむなく余っていたSPF材を流用です。

次に魚探です。
一般的に振動子はエレキのモーター部分に取り付けますが、以前使っていたボロ魚探の時は
コードが煩わしかったので、今回はシンプルに別の方法で。

艤装07
艤装08

こちらの材料は適当な端材。
厚み調整はベニヤ端材を重ねたりした、いいかげんな物です(笑)

振動子と本体は、それぞれ別パーツで組み上げました。
以前作ったテーブルのように、いずれもロッドホルダーの隙間に挟んで固定します。

振動子は角材のステーに取り付け、メスネジを埋め込み、可変できるようにしました。

艤装03
艤装04

一番心配だったリールとの干渉もありません。

艤装05

あとは実際に朱鞠内湖へ行って、要所をGPSにマークしておけば、濃霧の時も安心。
魚探としては、表層にベイトが見えない時に役に立つかも知れません。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

nao

Author:nao
カヌー製作友の会 会員番号1895
札幌広域公魚連合会

春と秋は朱鞠内湖でカヌーからイトウ。冬はワカサギ。本流ニジも狙うぞ!!

FC2カウンター

ランキング参加中!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

朱鞠内湖 (63)
2011釣行 (15)
2012釣行 (12)
2013釣行 (10)
2014釣行 (7)
2015釣行 (6)
2016釣行 (3)
ウッドカヌー (44)
初号艇 (30)
零号艇改 (9)
ワカサギ (113)
2012ワカサギ釣行 (16)
2013ワカサギ釣行 (23)
2014ワカサギ釣行 (9)
2015ワカサギ釣行 (8)
2016ワカサギ釣行 (3)
2017ワカサギ釣行 (7)
道具 (37)
釣り色々 (82)
止水 (40)
川 (23)
タックル (17)
車 (6)
日記 (6)
はじめに (1)

月別アーカイブ

ブログ村新着記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。